カラコン買う前に医師の処方箋と使用時の注意を確認だ

カラコン、カラーなコンタクトレンズは色もお洒落で、いろんな色が楽しめるという点で、ある種の人気を得ています。
そしてそのカラコンは今では実店舗でも通販サイトなどでも安く買えることもその人気を維持してる1つの要因となっています。
しかし一部の買ったお店次第では購入後に目にトラブルが生じたなどの報告例がいくらかなされています。
その悪い報告例の中には失明になりかけたなんてのもあります。
このような悪いトラブルにならないようにするにはあらかじめいくらかの対策を知って実行しなければなりません。
まずその対策の1つは医師の診断を受けてからその処方箋を渡すということです。
目は1人1人状態が違います。
他の人に問題がないから自分も問題がないという保証はありません。
そこで医師の診断を受けて自分に合った最適なレンズを選んでもらうようにするとトラブルを防止しやすくなります。
その次はレンズの使用の問題です。
メガネと違ってコンタクトは使用期限というのがあります。
ケチって使用期限オーバーを使ってはなりません。
また期限内での使用後は専用液で洗うなど慎重な洗浄も欠かせません。
さらに目のドライアイや充血など目の状態が悪ければ使用を中止して目を休ませることも大事になります。